指導者養成講座 基調講演と現場からの報告 5/31




朝からジリジリと太陽が照りつける真夏日の中、今年の指導者養成講座はスタートしました。
今回の企画は、『さをり織りの小物紹介展』と併設です。
















城英二代表の基調講演は、『障がいという個性を生かした働き方の提案ーさをりの実践からー』と題して、
いつもながらユーモアと辛口を交え、障がいを持つ仲間の力を引き出すさをりの実践について熱く語りました。




午後の実習で経糸整経を担当する絵梨ちゃんは自分で織った布を見せながら挨拶しました。






『江戸川区立福祉作業所』の現場からの報告は、
作業所の仲間たちのプロフィールを紹介しながら、素晴らしい作品を3人の職員の方が披露してくださいました。










お昼休憩は、代表、絵梨ちゃん、お手伝いいただいたさリコ会員のみなさん、そして司会の山崎さんがテーブルを囲み腹ごしらえ。
午後からの実習かんばりましょう!